出会い系から結婚式に発展するケースはあります

年齢は気にしないという人でも、本音では気にしていることが多い

年齢は気にしないという人でも、本音では気にしていることが多い : コストを抑えて相手探しをできるのがメリット : 利用実績が豊富にあること、結果を出している人が多い

若いころは結婚を意識していなくても、ある程度の年齢になってから気になる人は多いようです。
人の価値観は人生において何度も変化しますから、現在において最適であっても先のことはわかりません。
ただ結婚に関しては若いほど有利という現実があり、例えば25歳と35歳では圧倒的に前者が有利になります。
年齢は気にしないという人でも、本音では気にしていることが多いです。
男性が女性に若さを求めるのは一般的ですが、その逆のパターンも数多くあります。
例えば25歳の女性が婚活をするとき、40歳より30歳の男性を結婚相手に選ぶのが普通です。
もちろん年齢だけですべて決まるわけではありませんが、年齢が大きなウエイトを占めているのは間違いありません。
自力での婚活は20代のころは問題なく行えても、30代に突入すると急に厳しくなるケースが多々あります。
40代になると結婚を諦める人が急増してくるのが現実です。
結婚相談所は30代以上の利用者が多いですが、これは自力婚活が困難だと感じる人が多いためです。
ただ結婚相談所は料金が高額なため、婚活サイトを利用する人は少なくありません。
出会い系も婚活サイトの一種であり、データマッチングを通して相手探しができます。
婚活サイトと出会い系は似ていますが、正確にはやや違っています。
前者は結婚を前提としたサービスであり、後者は恋愛相手を探すのが目的です。
つまり遊び相手を探すために利用する人が多いわけですが、これは考え方によっては合理的です。
相性のよくわからない人といきなり結婚するよりも、互いの相性を時間をかけて確かめてから結婚に移行したほうが失敗がありません。
結婚する前に相性を確かめておけば失敗がないためです。